HOME>イシモクについて>イシモク物語>桐のスピーカー"felicita"音の秘密

桐のスピーカー"felicita"音の秘密
永年の美しい姿でのご愛用を保証

桐のスピーカー桐材の多孔質性を最大限活用

ボックス内面をブラスト加工。ボックス内側そのものを吸音材として活用して逆位相音を消しています。 "FELICITA"は、グラスウールやフェルトなど外乱要因になりかねない桐以外の材料を一切使用していません。

ラウンド背面板

樽を模した背面板のラウンドは、スピーカー内部の平行面をなくすため、逆位相音の多重反射を抑制し「桐の多孔質」と相まって、すみやかな吸音効果をもたらし、 "FELICITA"の澄んだ音を再現しています。

ラウンドバッフル板

スピーカーから出た正位相音は、発信直後から様々な外乱を受けます。 スピーカーの取り付け板(バッフル板)も不要輻射や共振などの外乱要因となります。 "FELICITA"は、バッフル板や天板の微妙なラウンドでこれを抑え、スピーカーユニット本来の音の再生をしています。

底面バスレフの採用

シンプルなフロントデザインとするため、"FELICITA"は、底面バスレフポートを採用しています。 底面バスレフにより、指向性の影響を受けない重低音だけを取り出せるとともに、球面接触法で点支持を可能としたSUS304製三角錐インシュレータ(φ20×H15)〕と相まって切れ味の良い中低音を再現しています。

意匠・扱いやすさ・耐久性(変色防止)の両立

ラウンド背面板には焼杢とクリアを選択でき、正面・天板にはクリア塗装を適用し、 "FELICITA"は、永年の美しい姿でのご愛用を保証しています。

外寸 W:220 , D:260 , H:400
自重 3.9Kg
再生周波数 40〜50kHz(Crossover:2kHz)
規格入力 25W
インピーダンス
出力音圧レベル 87dB/W(m):Woofer 90dB/W(m):Tweeter
使用ユニット Dome Tweeter FOSTEX FT28D
Low Flux Leakage Woofer FOSTEX FW137

※使用ユニットは、価格設定により変更は可能です。

ページのトップへ戻る