イシモク

〒959-1311
新潟県加茂市加茂新田10007-3
TEL.0256-53-4111
FAX.0256-53-4080

pickup

深い眠りを誘う。癒しベット

桐の心地よさが実感できるベットは

桐子の隠れた人気アイテム。

ライフスタイルに応じて収納付き、

フレーム式、伝統スタイルなどがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャラリーでは様々なベットが体感できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレームベット(焼杢)はデザインもシンプルで

使い勝手が抜群。レイアウト移動もらくらく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収納型はお部屋がすっきり整理できる優れもの。

保存性も桐たんすと同じなので大切なものも

整理できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レトロスタイルのデザインベットは

お掃除ロボットも入れるので掃除もしやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナル子供ベットはとにかく

かわいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠は心地いいくらしの原点です。

極上の眠りを誘う、桐ベットは使った方だけしかわからない

心地良さを実感できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイズはあなたにあわせてオーダー製作いたします。

 

 

 

 

 

あなたも暮らしに桐を取り入れてみませんか。

 

 

お問い合わせは
0256-53-4111
桐子モダンギャラリーまで

 

Instagram facebok

 

 

 

繊細でかわいい子供家具

桐子モダンでは、元気な子供たちを見守る

優しいデスク、チェアを取り揃えています。

 

桐子モダンは、

桐の優しさ、安全性は転んでも痛くない桐床からはじまり

触り心地抜群のゆったりチェアから長時間座って勉強も

疲れない子供デスクまで、本当に使えば使うほど

お母さんのような優しく、使い心地に溢れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F-Kirikoの女性職人の中にも、おかあさんがいます。

母の気持ちを一点一点の家具にこめて

丹精込めてつくっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供たちの年齢・身長にあわせて取り揃えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柔らかい曲線を生かした子供デスクたちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふっくらした四角のデスクは、子供デスクとしてだけでなく

ちょっとした移動がカンタンな作業・プライベートデスクとして

大人の方が使っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そらまめのカタチのデスク。

かわいいでしょ。

 

 

サイズはオーダーであなた仕様に自在に

つくることができます。

 

 

 

あなたも暮らしに桐を取り入れてみませんか。

 

 

お問い合わせは
0256-53-4111
桐子モダンギャラリーまで

 

Instagram facebok

 

 

 

KIRIKOの桐床が選ばれる理由

 

 

桐床のパイオニアとしてKIRIKOの桐床は、

品質にとことんこだわっています。

それは桐と暮らすひとに最上級の心地よさを

感じていただきたいからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KIRIKOの桐床が、

選ばれている理由

 

 

製材にこだわっています

 

KIRIKOは、伝統の桐タンスを長い間手掛け、素材である桐を熟知しています。

板つくりは、丸太(原木)から製材する際、製材機で柾引きをさせて、材質のグレードを分けています。

A:グレードは柾目の細かい柾板のみ
B:グレードは粗い柾目と板目の混合材
C:グレードは辺材のたくさん入った材料です。

桐床は柾板が最上級の品質を持ち、暮らしの空間づくりには一番適しています。

桐は木材の中でも伸縮が少ない材料で、柾目の部分は特に丈夫で伸縮も少なく

優れた建材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渋抜きと乾燥がポイント

 

原木を製材した後、”渋抜き”という工程があります。

その後に乾燥という工程に移りますが、この乾燥も時間をかけた自然乾燥で無ければなりません。

一般的には渋抜きと乾燥をしっかり行わない工場が多いので品質にばらつきが出てしまいます。

KIRIKOはこの工程を完全管理の元、実施しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上がりを左右する刃物の研磨と

職人による仕上げ

 

日本は製品の精度を要求する国です。

特に桐材を加工しようとすると、高いレベルの刃物の研磨は必須条件です。

KIRIKOでは、金属加工の歴史が深い県央地区で高品質な刃物にこだわり、

熟練した桐職人の高い技術と細やかな仕上げ作業により

高品質な製材精度を保っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質感を損なわない、お手入れが

簡単な最終塗装仕上げ


桐ゆかを開発した当初、桐による空間の心地よさはもちろんですが

後のお手入れが簡単な桐床を目指し、桐の特性を生かせる

最終塗装で仕上げています。

 

理想の桐床の条件

 

(1) 安全であること。
(2) ぬくもりを失わないこと。
(3) 匂いがしないこと。
(4) ベタ付がないこと。
(5) 桐の調湿効果を妨げないこと(塗膜を最小限にする)。
(6) 水や油分等の影響で染みが出ないこと。
(7) 汚れやしみが付着しにくいこと。
(8) 熱に強いこと。
(傷やへこみなどの修復の際、アイロンなどを当てて手当てするため)
(9) 毎日の掃除が楽であること。
(10) 仕上がりの品質を失わないこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでも永く愛される

桐の空間を目指して

 

KIRIKOは、日本の伝統工芸を継承しながらさらに桐を研究し、

人の暮らしに生かせる製品開発に取り組んできました。

これからも桐の優れた特性を最大限生かし、

心地いい生活空間をご提案していきます。

 

 

あなたも暮らしに桐を取り入れてみませんか。

 

お問い合わせは
0256-53-4111
桐子モダンギャラリーまで

 

Instagram facebok

 

ゆらりいすにクリアが新登場

 

今回は、要望が多かったゆらりいすのクリアタイプの

メイキングの一部をお届けします。

 

 

ゆらりいすは、形が複雑で製作工程も多いので

女性桐職人F-Kirikoチームでつくります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリアタイプは、焼杢の座面がクリアになるだけではなく

桐の全体の色バランスを考えながら色調や模様が違う

パーツを計画的に

組み込みます。

 

ここは職人のセンスが問われる作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一本ずつ組み込んだ後は、両サイドのパーツをセット。

KIRIKOのゆらりいすは、心地よさを実現するために微妙な曲線で

設計されていますので中々帳尻が合わない。

ひとつひとつパーツを確認しながら調整して時折再加工も加えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

固定しながら組んできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組みあがったら固定、全体的に歪まないようにチームでバランスを取りながら

しっかり固定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座面は座り心地を左右するので特に気を使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり乾燥固定したら仕上げ作業。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからがKIRIKOの真骨頂、電動と手による研磨の長い戦いが

はじまります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

究極の手触り感を実現するために

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

触りながら検証と研摩は長い時間をかけて繰り返されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KIRIKO製品の最大の特徴の一つは

研摩作業から最上の触感の実現、形を変えるレベルまで

磨くこと。

仕上がりの詰めが製品の完成度を上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆらりいすクリアタイプは、GWにギャラリーで初体験できますので

是非、ご来店していただきまずは体験してみてください。

 

 

 

 

あなたも暮らしに桐を取り入れてみませんか。

 

 

 

お問い合わせは
0256-53-4111
桐子モダンギャラリーまで

 

Instagram facebok

 

 

 

女性桐職人によるオーダー家具

 

KIRIKOを支える桐子工房には

ベテランの桐職人の中に

桐を知り尽くした優しさと使いやすさを追求する

女性職人チーム F-kiriko  があります。

 

Fは、Female(女性)のF

 

家具職人は、男性のイメージが強いですが

工房は、心地いい優しさを感じるライフスタイルを

つくるために、男性にはない女性ならではの視点と繊細な感性を

商品づくりに生かしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定番のスタンダードチェアは究極の軽さが特徴のKIRIKOの定番商品、

細部まで繊細な研磨で仕上げていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チームワークで取り組む仕事も少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベテランの男性職人と

女性職人ならではの個性を最大限に発揮した

商品作りの打ち合わせは毎日繰り返されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KIRIKOは手触り感が命、

KIRIKOのイス作りは研磨仕上げもとことんまで追求します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲線デザインの逸品、ゆらりいすは座り心地を検証しながら

何度もパーツをチェックして組み立てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研磨から仕上げ、塗装とKIRIKOだけしかできない

高密度な最終工程まで気が抜けない作業。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お部屋の模様替えが簡単にできる

シンプルな壁面シェルフは

女性の発想から生まれたヒット商品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様の理想を実現するために

時折、KIRIKO全員で検証会議を実施、

熱い意見が交わされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽く、抗菌性に優れた桐のまな板は

キッチンツールの原点。

これも女性視点から生まれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モダンチェストは桐箪笥の新しいカタチ。

シンプルスタイルで様々なライフスタイルに

マッチング。美しい無垢の桐が女性に大人気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F-kirikoは、心地いい暮らしのための商品開発に日々

取り組んでいます。

 

 

 

あなたも暮らしに桐を取り入れてみませんか。

 

 

お問い合わせは
0256-53-4111
桐子モダンギャラリーまで

 

Instagram facebok