イシモク

〒959-1311
新潟県加茂市加茂新田10007-3
TEL.0256-53-4111
FAX.0256-53-4080

桐工房から 人気オーダー製作中

桐のふるさと、加茂市の桐工房もめっきり寒くなって

冬の足音が聞こえてきそうです。

 

桐工房から

まずはアーモンドとスツール、曲線の共演です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KIRIKOで人気のスツールは、まだ各パーツでバラバラの状態。

座面や足部分の仕様はどうなるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一点は焼杢タイプのようですが、チームでいろんなタイプを進めているようです。

KIRIKOの職人は一人でまたはチームでひとつひとつ心を込めて製作していきます。

本日はチーム製作なので息の合った進め方が要求されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光沢の美しい焼杢の座面が組み立てを待っています。組みあがる前後で

さらに光沢を出すために磨きをかけます。

完成はまだ遠い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、一見短めのサーフボードのような形、まさか?

 

これはKIRIKOダイニングテーブル アーモンド形のテーブル板です。

これはもう徹底して光沢を出している状態。

桐の独特な木目が美しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横からはこんな感じ。

本当にきれいな曲線系のフォルムで仕上がると触り心地がバツグンなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KIRIKOの家具は、最終工程でパーツごとで何回も磨きを重ね、

究極の手触り感を目指しています。

 

ほぼ完成品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桐のチェストも進行中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェアーの座面塗装です。

美しいですね。

 

KIRIKOの製品に使われている塗料は、

桐製品の特性を最大限生かす塗料を使用しています。

 

(1) 安全であること。
(2) ぬくもりを失わないこと。
(3) 匂いがしないこと。
(4) ベタ付がないこと。
(5) 桐の調湿効果を妨げないこと(塗膜を最小限にする)。
(6) 水や油分等の影響で染みが出ないこと。
(7) 汚れやしみが付着しにくいこと。
(8) 熱に強いこと。
(傷やへこみなどの修復の際、アイロンなどを当てて手当てするため)
(9) 毎日の掃除が楽であること。
(10) 仕上がりの品格を失わないこと。

 

この塗料は塗装品で国の安全基準では最高であるF☆☆☆☆の承認を受けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熟練した塗装の技術で仕上げられていきます。

 

 

この時期、人気商品がつくられるので出来立ての新品が

続々出来上がってきます。

どんどん公開していきますのでご期待ください。

 

 

桐工房から vol.1を見る

 

あなたも暮らしに桐を取り入れてみませんか。

お問い合わせは
0256-53-4111
桐子モダンギャラリーまで

Instagram facebok