HOME>桐子モダン>桐はエコ素材>桐のお手入れと安全性

桐のお手入れ

普段のお手入れ

イシモクの製品は全てウッドガード仕上げです。しみや汚れの心配もなく、掃除機・水ぶき・空ぶきなどの普段のお掃除で清潔に暮らせます。

イシモクのオリジナル塗料

桐の特性を損なわずに身体に安全な塗料を塗料メーカーと共同開発いたしました。

この塗料は液体は通さず気体は通す効果があり、桐の呼吸を妨げません。また、安全規格のF☆☆☆☆を取得しており、食品衛生法にも通った安全な塗料です。

塗布した製品は汚れやシミがつきにくく、水や汚れをはじきますので普段のお手入れも簡単でとても扱い易く、もし汚れがついた場合でも水ぶきをするだけで汚れが落ちます。

衣装箱の取扱い及びお手入れについて

桐は柔らかい素材ですので強くぶつけたり、衝撃を与えたりすると凹みや破損の恐れがありますので扱いにご注意ください。

お着物などを収納する際には事前に風通しをされてから収納してください。
着用後直ぐに収納されますとカビの原因となります。

火に近づけないで下さい。燃えたり変形する場合があります。

天然素材の為、気温や湿度により多少開け閉めに支障が出る場合があります。
これは湿気を中に入れない状態です。乾燥時期にはまた使い易くなります。

乾いた布で軽く拭くか、汚れがひどい時は固く絞った布巾で拭いてください。

ヘコミ・キズなどの復元・修復

もともと天然素材には復元力があります。
特に桐の場合は、杉やナラ材などに比べて非常に高いです。

しかし、桐を床として暮しの中に取り入れた場合、やはり無塗装のものではシミや汚れがつきやすく、水をつけてアイロンを当てるなど手直しするにも今度は輪ジミの問題が残ります。

そこで、当社のオリジナル塗料ウッドガード仕上げであれば、傷が修復でき、また熱に強い塗料ですので表面を傷めたり、輪ジミの心配もありません。

復元力の実験

類似他社製品との違い

・高温をあてても塗料が損なわれない

・シンナーを垂らしても塗料が溶けない

・食品衛生法に通った塗料で体にとって安全

イシモクの桐床“床暖”と類似品との違い >>

ページのトップへ戻る