HOME>桐子モダン>コンセプト>イシモクの桐の特徴

イシモクの桐の特徴

素材

素材
汚れがつきにくく復元力も強く、劣化が遅い

現在、桐は日本での栽培が少なく、消費される80%が輸入材です。中国産の桐だから廉価ということでもありません。産地選び、材料加工に差がうまれるのです。

イシモクは、中国で産地を選び抜き、工場を設立しました。選りすぐった桐を自社の管理のもと、長く愛用いただける素材づくりをしています。 渋抜きや乾燥の工程が後に使用していただく際に効果としてあらわれます。

工程を省いた廉価な素材と比べ、汚れがつきにくく復元力も強く、長く使用しても劣化が遅いのです。むしろ風合いとして活きる素材性を高めています。

違いは5年後、10年後にわかります!

技術

技術
優れた素材を優れた技術で製作するのが本物

創業より高いレベルをもったイシモクの技術者は、伝統工芸技術、創作技術ともに優れ、家具などの何度の高い加工も見えない部分まで美しく仕上げます。

Design

デザイン
飽きのこないシンプルで優しい仕上げ

オリジナルデザインだけでなく、デザイナーや建築士とのコラボレーションで常に新しいカタチを探っています。

新鮮だけれども飽きがこない。

シンプルで洗練されたアイテムをご提案してまいります。 カスタムメイド、オーダーメイドでお客様のご要望にお応えしています。

信頼

信頼
桐と長く付き合う

お客様に満足いただけるものをご提供すること。

そして、それを長く愛用していただける中でのアフターサポート。

こうした交流の中で信頼関係を深めお客様とのお付き合いをさせていただいています。

又、古いタンスのリメイクも行っており、代々受け継がれ続けられる家具作りやそのお手伝いに取り組んでおります。

ページのトップへ戻る