HOME>桐床“桐暖”>心地いい桐の空間>学校法人新潟えきなか保育園様 (新潟県新潟市)

心地いい桐の空間 施工例
冬は温かく、夏はサラサラ。はだしで遊べる!
新潟えきなか保育園様(新潟県新潟市)

はだしで安心してのびのび遊べる桐床。冬は暖かく、夏はサラサラで快適です。
また、柔軟性、弾力性があるので、転んでも怪我をしにくい安全な床ですから、園児を安心して遊ばせることができます。

学校法人新潟えきなか保育園(新潟県新潟市)

裸足でぴょんぴょん弾む
元気いっぱいの子どもたち

新潟えきなか保育園200坪の床は、すべて桐です。さらに机やイス、書棚など、園内の家具もすべて桐です。

広い遊戯場を、裸足の子どもたちが思い切り走り回り、小さな足でぴょんぴょんうれしそうに飛び跳ねる。
もちろん、床暖房などありません。
事務局の三星さんは「ここはコンクリート上に直接桐の板を敷いただけ。本当は中にもう一枚木の板を敷きたかったのですが、天井の高さをこれ以上低くしたくなかったため諦めました。でも桐板一枚で十分でした。この柔らかさなら安全に子どもたちを遊ばせることができます」とおっしゃっています。柔らかいということは、キズがつきやすいですが、そのクッション性のため、ケガしにくい。
三星さんは「子どものものにキズが付くのは当たり前! 気になりません。最初は床に付いた小さなキズのささくれで子どもがケガをするのではと心配でしたが、そんな例は一件もありません。冬でも暖かく、子どもが駆け回る環境として桐床は最高です」と意に介しませんでした。

新潟えきなか保育園様 ホームページ

使用された桐製品

桐床

桐床

桐腰壁

桐腰壁

ベビーチェア

ベビーチェア

学校法人新潟えきなか保育園(新潟県新潟市)

ページのトップへ戻る