HOME>桐子モダン>素材開発から生産・納品まで

素材開発から生産・納品まで

イシモクの生産システム

イシモクでは桐の植栽から製材加工・製品化・販売まで一貫した生産システムを確立し、お客様から満足いただける桐製品をプロデュースしています。国内では稀少な桐。消費される桐の80%は輸入材です。様々な材質が扱われている中で、イシモクでは良質な桐を捜し求め、中国河南省を最良の産地とし、意識レベルの高い信頼できる工場と契約しました。
ここでは、徹底した管理のもと、素材を最適に仕上げるための加工を行っています。

製材
製材
製 材

桐の原木として良質な産地、中国河南省より伐採した桐の木を工場に集めます。

素材開発・製材
素材開発・製材
渋出し

10箇所ある50tプールに製材した板を漬け込み、1週間くらいまでは渋でコーヒー色の水になります。
毎日水を替え、無色透明になるまで繰り返し作業をします。渋をしっかり出すことで、きれいな桐の素材感が変わります。

素材開発・製材
素材開発・製材
天然乾燥

プールで渋出しをした大量の板を、さらに雨と太陽と風にさらし、自然の作用での渋だしと乾燥を行います。しかし、この時点では含水率15%位までしか乾燥できません。

素材開発・製材
素材開発・製材
人工乾燥

完全に乾燥させるために、遠赤外線を利用した乾燥室に入れ人工的に乾燥します。含水率は含水計の針が動かなくなる状態まで乾燥させます。燃料は桐の端材を利用しています。

素材開発・製材
素材開発・製材
材料加工・出荷

原板をつくる工程の後、出荷となります。
現地の取引工場のスタッフとコミュニケーションを常に図り、信頼関係で取り組んでいます。

建材の加工・仕上げ
建材の加工・仕上げ

イシモクの床材をはじめとした内装材や桐建材・建具に至る全ての桐は、加茂の自社建材工場で加工。いわばMADE IN KAMO。
また、床などの量産品はオートメーション化で生産しています。

家具・雑貨の製品化
家具・雑貨の製品化

イシモクの桐子モダン創作工房で造られたきり製品のほとんどは、熟練の匠たちにより美しく洗練され、様々なカタチに姿を変わります。
ライフスタイルに合わせたオンリーワンをご提供します。

コーディネート・販売
コーディネート・販売

イシモクの製品はそのほとんどが直接販売。メーカー価格でご提供するため、多くのお客様に喜ばれています。
お客様のご要望に合わせた家具のオーダーメイド、インテリア全般のプロデュースも承っています。

ページのトップへ戻る